So-net無料ブログ作成

落語も英語で [観る・聴く・読む]

立川志の春さんの「バイリンガル落語」を聞きに行きました。

英語がわからなくても楽しめます、とのことでしたが、やはり英語で落語を聞くのは初めてでしたのでちゃんと聞き取れるか心配な部分もありました。

しかし!
本当に楽しめました!

英語がわかるような気すら、しました。

引き込まれました。
まぁ、実に、笑った、笑った。

英語の落語はただ翻訳して話すのではなく、英語ならではの表現にアレンジしたり、ローカライズされているのだそうです。
オチの部分も、英語の時はその流れをくんで、日本語のそれとは変えてしまうのだそうです。
そこもまた面白い。
この場合の面白いは「興味深い」という感じです。

で、また英語の本買っちゃいました(笑)

誰でも笑える英語落語: Rakugo in English

誰でも笑える英語落語: Rakugo in English

  • 作者: 立川 志の春
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: 単行本



nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

Brownie

英語がわかるような気がした?
って楽しめたのだから、英語がわかったんですよね。
これいいですね。探してみよー。
by Brownie (2014-03-05 20:37) 

hana

★Brownieさん
志の春さんの話し方、演技力もプラスされてのことかもしれませんが、とても伝わってきました。
面白いので、もし、落語もお好きでしたらオススメです!

あまりに楽しかったので、I had a blast!と感想をのべ、本にサインもしていただきました(笑)
by hana (2014-03-05 21:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。